USJのハリーポッターで今年のディズニーの来園者数はどうなる?

今日はいつもと違った話題になります。
ディズニーファンの人でも知っていると思いますが、
今年、大阪にあるUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に
ハリーポッターの大規模テーマパークがオープンします。

 

harry-potter

引用:ハリー・ポッターのテーマパーク “The Wizarding World of Harry Potter”
何でも投資額が450億円にのぼるとか。
この数値を見る限り、USJの力の入れようはすごいです。
CMもバンバンやってますし、行くという人は多いのではないでしょうか?

 

2012年の入園者数を比べてみると、
ディズニーランド・ディズニーシーの入園者数は2,750万人。
対するUSJは975万人。
2013年はディズニーランド・ディズニーシーが3,129万人、
USJが1,050万人でした。

 

USJ側の推測によると2014年8月の入園者数は
150万人~180万人が見込まれるようです。
ハリーポッターのテーマパークオープンは
7月15日になるため、7月にテレビで特集など組まれると
さらに多くの人が8月にUSJに行くかもしれませんね。

 

ディズニーランドやディズニーシーに人が来なくなって寂しい、
と思うかもしれませんが、逆に例年よりは空いている可能性があります。
空いているって言っても「空いているかも」と思って
来る人も多いのであまり変わりないかもしれませんが。
夏休みのディズニーは仮に少し空いていたとしても
激混みなので油断はしないようにしてくださいね。
毎年夏休みにディズニーに行っている人からしたら、
今年は何かしらの変化を感じるかもしれません。

 

ディズニーランド・ディズニーシーも2014年から2016年の
3年間で1,200億円?!を投入し、大規模な入れ替えを図っていきます。
今年から始まったワンス・アポン・ア・タイム
来年2015年にはリロ&スティッチのアトラクションも出てきます!
2015年~2024年までにはなんと5,000億円を投入し、
テーマパークを強化していくんだそうです。
きっと、東京オリンピックまでにはいろんなものが出来るんでしょうね♪

 

日本の東西のテーマパークに今後も期待!!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ